トップ > 転職女性 > 転職の適齢期と女性

転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援サービスの詳細

転職の適齢期と女性

転職の適齢期と女性について考えてみましょう。
年齢というファクターは、転職においては、男性でも、女性であっても、重要な要素の一つとなります。

転職には、女性自身のこれまでの経験を生かし、同じ業種を目指すキャリアアップと、新分野へ挑戦する、これまでの業種とは無関係のキャリアチェンジという2つのタイプがあります。

転職もキャリアアップ型ですと、経験がこれまでの分生かせますので、たとえ40代の女性であっても、採用されないということは全くないわけではありません。
しかし、キャリアチェンジ型の転職ですと、これまでのキャリアやスキルといったものが、そんなに生かせないので、転職女性の適齢期も年齢的なハードルがある程度高くなります。

修行の時代は20代、より専門性を高める時代は30代とも言われ、20代の頃と比較しますと、企業・会社から期待されることも、段々高くなってきます。
企業・会社側としても、キャリアチェンジのケースは、新しい情報を素直に受容し、勉強していけるのは20代までと、転職女性の適齢期も制限しているケースもあります。

20代までに学んだことを基本に、更に行いたい仕事をポイントに絞り込んでいくことがいいとされていますが、女性の場合は、結婚や出産など、先々のこともどうしても考えねばなりませんので、キャリアチェンジ型ケースのハードルの高さはかなりのものといわざるを得ません。

しかしながら、全く可能ではないということではありません。
キャリアチェンジ型のケースは、本人の強いやる気が、最も重要となるのです。
一からの出直しを新しい業界でするのですから、切磋琢磨しなければならないこともいっぱいあります。
しかし、転職を考え出した時点から、自分が目指す職業に関わる勉強などを積み重ね、面接にはアピール強くできたり、資格などのわかりやすい形で提示することができれば、企業・会社としても雇用する価値があるのではないかと、考えてくれるかも知れません。

ハンディが多少あっても、「やりたい」という気持ちが大きな武器になりますので、性別や年齢にこだわらず、自分の行いたい仕事を目標にしていくのも、いいのではないでしょうか。

この記事のカテゴリーは「転職女性」です。
関連記事

転職する女性の派遣社員

転職をする女性の派遣社員について考えていきましょう。 女性の派遣社員については、...

転職する女性派遣社員の期間と福利厚生

転職する女性派遣社員の期間と福利厚生面について考えてみましょう。 これまでの不況...

転職の適齢期と女性

転職の適齢期と女性について考えてみましょう。 年齢というファクターは、転職におい...