トップ > 女性の転職 > 女性の転職と結婚に関して

転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援サービスの詳細

女性の転職と結婚に関して

女性の転職と結婚に関して述べましょう。
日本では、まだ男女の就職についてどれだけ差別がなくなったとはいえ、女性が転職をする時、結婚や出産に関することが、最もネックとなることの一つだと考えます。

女性は適当な年齢になればいずれは結婚して、出産するということになります。
採用するサイドの企業・会社としても、仕事を折角覚えてもらった途端に、このような結婚・出産などという理由によって、退職や休職をされるのは、おめでたいこととはいえ、企業・会社サイドとしては歓迎することではないでしょう。

そのようなことから、転職のケースにおいて、結婚適齢期の年齢といわれる、20代半ばから後半にかけては、特に「雇用したのはいいが、すぐに結婚や何やかやで辞められるのではないか?」と思われることが相当あるようです。
そのため、採用するサイドとしては、同じような条件の男性と女性の転職者がいた時、女性転職者がどうしても不利となってしまうということになってしまいます。

また、子供を扶養していますと、子供の病気や行事などで、会社の遅刻や早退などが増加してしまうということもあります。
もちろん、子供の扶養の問題は、配偶者と協力するということが、欠かせませんが、例えば、子供が熱を出したとき、「休ませてください」といいやすいのは、世間一般の風潮をみても、女性のほうです。

「仕事を第一とします。私は夫の理解もあるし...」と、配偶者の理解を既に得られていたとしても、会社の先輩女性が、そのような理由で退職したり、遅刻や早退がたくさんあったりすると、やはり採用する会社サイドとしては、敬遠しがちにどうしてもなってしまいます。

女性が転職するケースは、このような結婚・出産という問題に関しても、慎重に、よく考えた上で、決断したいものです。

この記事のカテゴリーは「女性の転職」です。
関連記事

女性の転職と結婚に関して

女性の転職と結婚に関して述べましょう。 日本では、まだ男女の就職についてどれだけ...

女性の転職のポイントに関して

女性の転職のポイントに関して述べておきましょう。 転職活動の際、企業・会社による...

女性が転職を成功させるには

女性が転職を成功させるには、どのようにすればいいのでしょうか。 それはその会社に...

女性医師の転職

最近に実施された医師国家試験より、合格者に女性の占有する比率をみてみますと、ずっ...